活動計画

県の研修計画



2022年度 研修プログラム

目標
1.看護連盟活動への理解を深め、政治を身近に感じる事ができる。
2.看護政策への関心を高めることができる。
3.政策実現力を持つ自立した会員を育成する。  

 

研修名 対象者
(定員)
日時 会場 研修テーマ 内容・講師
研修① 新入会員
基礎研修
未受講者
「届けよう看護の声を!私たちの未来へ」 各支部支部長・
各支部幹事長
研修②



終了
連盟会員全般
(250名)
4月23日(土)
14時00分~
16時00分
WEB 2040年を見据えた看護の政治的課題~とものう りおが取り組む5つの看護政策~ 看護師、弁護士、そして政治家として、これからの看護を考え、今、何が必要か、そして、これから何をすべきかを語る
講師:弁護士・看護師
友納理緒氏
研修③



終了
連盟会員全般
(250名)
5月28日(土)
14:00〜16:00
WEB 届けよう看護の声を!~現場の声から政策へ~ 届けられた看護の現場の声が、どのように法律改正や制度改革につながっているのか事例で理解し、看護連盟活動の意義を再確認する
講師:参議院議員
石田まさひろ氏
研修④



募集中
看護師歴
1~5年
(250名)
9月17日(土)
14:00〜16:00
WEB ストレスと上手に向き合い折れない心を作る~レジリエンスを身につける~ 人と向き合い、命を預かる医療の現場で働く看護職のストレスは計り知れない。レジリエンスを身につけることで感情を整え、他者に共感しながら状況を分析し、楽観力を持って自分を信じ歩み出す力を養う。
講師:オフィスナースナレッジ
江口智子氏
研修⑤ 連盟会員
全般
(250名)
10月15日(土)
14:00~16:00
WEB これからの社会情勢(2040年)を見据えた医療現場のタスクシフト・シェア 2025年、2040年を見据えた医療現場のタスクシェア・シフトについて、特定行為研修修了者の活用、ナースプラクティショナー(仮称)の制度化から考える
講師:参議院議員
石田まさひろ氏
研修⑥ 会員歴4年以上
(80名)
11月19日(土)

14:00~16:00
WEB 国会見学 議員の1日に密着し、現場の声がどのように届けられるのかを知ることで、看護政策の実現のための行動を学ぶ
東京での現地研修ができないため、国会議員の1日をダイジェストにしたビデオを放映しメッセージを受け取る
講師:参議院議員
友納理緒氏
研修⑦ 上級看護
管理者
看護管理者
(80名)
2023年3月4日(土)
14:00〜16:00
ウインクあいち 人に仕事を与える・任せる 看護管理者・中堅看護師など役割のある看護職者に対して、元気の源となる内容を講演していただく
講師:井部俊子氏