愛知県看護連盟

代表あいさつ

平成30年度連盟会員の皆さまにご挨拶を申し上げます

 

新学期が始まりました。満開の桜はあっという間に散り、潔さが感じられるこの頃です。

診療報酬の改定から、看護記録の見直しの流れができました。

一方で、記録の負担を減らしていく方向になりました。

2002年にクリニカルパスが診療報酬に導入されたのですが、クリニカルパスは入院の

前に計画するものですから、患者さんが入院されたときに出さなくてはならず、

大変煩雑でした。それが外来でも行えるようになりました。

外来・病棟の役割が少しずつ変わってくるようです。

 

そして、尊厳死の問題に取り組まれていましたが、終末期医療に関しても診療報酬の

改定が行われました。 看護の代表である参議院議員の石田まさひろ議員が、

いよいよ働き方改革法案の審議が始まるといっています。

生産性の向上と、長時間労働の是正の観点から法律が改正されるそうです。

 

平成が終わろうとしている今、働き方が昭和のままというわけにはいかないというのが

石田まさひろ議員の言い分です。野党、与党の議論をまとめることが、

今国会における石田議員の最大の使命だそうです。看護の代表を心から応援しています。

 

会員の皆様と心を一つにして、臨床看護に、地域看護に活動を広げていきましょう。

 

会長写真

 

愛知県看護連盟 会長 杉本明子

 

平成30年4月更新 ぜひご参加ください!

 
12月1日
平成30年度(2018年度)会員申し込み受付中です。
賛助会員のご入会
のお願い
特別会員のご入会
のお願い