愛知県看護連盟

代表あいさつ

第24回参議院選挙の総括を次の選挙に活かす

 

平成28年第24回参議院選挙結果をみてみますと、愛知県の得票数は5,042票、

全国で17万7,810票でした。愛知県の目標得票数は9,000票で、4,000足りない

残念な結果でした。

反省すべきは「たぶん連盟会員はわかってくれる」という慢心、油断でした!

目標9,000のために愛知県民の方々から1,000票はいただきたいと計算して、

会員の8,000を足せば9,000は取れると思いました。

 

甘かったですね。

 

8300名の連盟会員のうち、どれだけの会員が、たかがい恵美子氏に投票したのか。

選挙後の会員全数調査結果をみてみると、投票率67.9%(4761人が選挙に行った)、

たかがい恵美子氏に投票したのは、63.2%で3007人でした。

 

愛知県民からは、1462人が投票してくれたと推計できました。

選挙期間中、働く女性の12人のうち1人が看護職の時代であること、看護職は人々の

安心安全な暮らしと、いのちを守るために、人々に一番近いところで頑張って

仕事をしていますと訴えました。

愛知県選出の国会議員や、地域の県議、市議の方々が主催する選挙応援演説会、

集会などに出かけました。挨拶を求められたときは決して断らず、

与えられた2分ほどのスピーチ時間のために何時間でも待ちました。

 

病院で受診の順番を待つ患者さんの気持ちがよくわかりました。

待合室は社会の縮図です。自分の臨床看護師の時代を蘇らせてくれる体験でした。

とにかく、参議院選挙は全国比例代表候補にとって難しい選挙であることを思い知り、

関係団体や多くの方々から、第24回選挙結果についてご指導、ご助言をいただきました。

 

3年後の25回参議院選挙に向かって、変わらず同じ活動をすることと、変革する必要が

ある活動をしっかりと見極めて、連盟支部長、施設の幹事とともに一人一人の会員に

訴えて、会員の心に寄り添っていきたいと思っています。

 

愛知県看護連盟会員の投票率を上げること、会員数が25回参議院選挙候補予定者への

投票数に限りなく近づくようになりますように!

 

会長写真

 

愛知県看護連盟 会長 杉本明子

 

平成29年6月更新 ぜひご参加ください!

6月24日
労務管理についての研修を開催します。
          会場が1102へ変更となりました。

定員に達しましたので、申込受付を締め切らせていただきました。
 
平成29年度
研修計画を更新しました。
          ホームページより研修の申し込みができます。
平成29年度
看護連盟の入会を受付しております。
賛助会員のご入会
のお願い
特別会員のご入会
のお願い